柿生アルナ園5つの建園精神

明るく、暖かく、日々生きがいを、日々新たな気持ちで

1.「 和の心 」を大切にする

2.「 おもてなしの心 」を大切にする

3.「 ふれあいの心 」を大切にする

4.「 生きがいを持ち続けること 」を大切にする

5.「 初心を忘れずに

   日々新たな気持ちで接すること 」を大切にする


園名(アルナ)について

アルナ(Aruna)とは、インドのヒンズー語に由来し、「暗闇を破って昇る朝日」を神格化したものだといわれています。朝の曙光(Aruna)は、世界を、社会を、町を、そしてそこに暮らす人々に分け隔てなく平等に降りそそぎ、各家庭を明るく、暖かく包み込み、明日への希望を与えてくれます。アルナ園は、利用者の方々はもちろんのこと、そのご家族の皆さま、ボランティアの方々、地域住民の皆さまそして、社会福祉のために介護を通じてともに時間を分かち合う介護従事者の皆さんが、お互いに明るく、暖かく毎日を希望をもって充実した生活を送ることを、最も重要なことと考え設立されました。

●柿生アルナ園の取り組み

●地域の皆様との交流